プチプラグッズの紹介

「300均」ブツ撮りに必須!スリーコインズのフォトスタジオセット

あさひなパパ
あさひなパパ
こんにちは、あさひなパパ(@asahinapapa0313)です。

今回、商品撮影やブツ撮りがワンランク上の仕上がりになるアイテムを購入しました。

  • 家の中での撮影だと背景がうまく決まらない。
  • 影が入ってしまって暗くなる
  • センスがないから写真は極力撮りたくない

こんな悩み抱えていませんか?

あさひなパパ
あさひなパパ
カーペットや畳だと全然雰囲気出ないから困ってました

同じように悩まされていた私が最低限見せられる写真を撮ることが出来るアイテムをご紹介します。

特別高い機器を導入したわけではありません。

今回は300円均一「スリーコインズ」に売っているフォトスタジオセットを使っただけです。

うまく写真が撮れない、家の中じゃ背景が決まらないといったとこが劇的に改善されるので是非ご覧ください。

 

スリーコインズのフォトスタジオセットの紹介

ラインナップ

現在スリーコインズでは3種類発売されています。

 

View this post on Instagram

 

雪野結晶さん(@snow_frake)がシェアした投稿

今回私が購入したのはコチラです。

木目調のペーパーパネルがはいったセットです。

あさひなパパ
あさひなパパ
大理石柄より木目調の方がオシャレに見えたんです

セット内容

A3サイズのペーパーパネルが4枚入っています。

それぞれ柄が違います。

写真で見ると本物かと思うほどの出来栄えです。再現度高いです。

このペーパーのほかにフェイクグリーンが2本入っています。

これが唯一の残念ポイント。

あさひなパパ
あさひなパパ
すこし偽物感が強すぎじゃないかな?

ただ付属で入っているだけありがたいです。そもそも素人の考えではフェイクグリーンを足す発想がないですから。

あさひなパパ
あさひなパパ
とにかくグリーンを足せばオシャレに見えるよ!(安易)

使い方

4種類の撮影方法が提案されています。

使い方は自由です。

壁に立てかけても良いですし、床において上から撮ってもいいですし。

あさひなパパ
あさひなパパ
床に置いて撮影するときは影がかかりやすいので照明の角度に注意が必要かも

どうしても影が入るときは、可能であれば立てかけて撮影してみましょう



実際にフォトスタジオセットを使っての撮影

フォトスタジオセットでワンランク上の仕上がり

木目調のパネルシートを2枚使いで撮影しています。

1枚は壁に立てかけ、1枚は床に敷いてます。

あさひなパパ
あさひなパパ
なぜアブローラー!?商品チョイスおかしいでしょ

すこし被写体が大きすぎました。

でもスマホの機能で程よいボケ感がでています。フェイクフラワーがボケてます。

もうひと手間加えてツーランク上を目指す方法

英字のテキストを追加でそれっぽく見せる

画像に対してテキストを追加しています。

Canvaをつかいました。

正解かどうかはさておき、結構雰囲気変わりますよね。

フィルターをかける

これもCanva上で加工が可能です。

フィルターを「DRAMA」にしてみました。

あさひなパパ
あさひなパパ
アブローラーの存在感強すぎてなんにも入ってこないよ!

 



商品レビューやインスタ映えには欠かせない

フォトスタジオセットを実際に使ってインスタへ投稿している写真をまとめてみました。

 

View this post on Instagram

 

SweetCookieHolic / masakoさん(@sweetcookieholic)がシェアした投稿

ハンドメイド作品を撮影する時に活躍しますね。

ネットでの販売に欠かせないのはいかにキレイに写真を撮って雰囲気を伝えるかが勝負ですから。

 

View this post on Instagram

 

@shu_kanaがシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

amiさん(@linteumbelle)がシェアした投稿

食べ物やハンドメイド作品によく使われています。

どうしてもA3サイズという大きさに制限が出てしまいますが、つなぎ合わせるなどすれば幅広く撮影が可能です。

他にもブツ撮りアイテムとしてこんな商品もあります。

よろしければ参考にしてください。



まとめ

ブログの商品レビューには欠かせないアイテム

場所を選ばすオシャレな背景で写真が撮れて値段も安い!高コスパアイテムでした。

いかがでしたでしょうか。300円で簡単にワンランク上のブツ撮りができます。

あさひなパパ
あさひなパパ
ブツ撮りのハードルが下がったよ!これからどんどんレビュー記事を書いていくぞ!

背景が決まらない方や写真が苦手な方はぜひ試してみてください。

ここまでご覧いただきありがとうございました。