プチプラグッズの紹介

「100均」ダイソーの水切りワイパーを浴室で使って簡単カビ予防

あさひなパパ
あさひなパパ
こんにちは、あさひなパパ(@asahinapapa0313)です。

年末の大掃除も大切ですが、日々の掃除をこまめに行うことはもっと大切です。

今回は浴室のカビ対策についてです。

お風呂あがりは換気扇をまわすだけですか?

それだけでは翌日朝も浴室の壁や床は水でびちゃびちゃに濡れていませんか?

これがカビの発生する原因となります。

カビの発生を防ぐために私は3年前からダイソーの水切りワイパーを使ってお風呂上りに水滴を切っています。

するとどうでしょう。

翌朝にはカラッカラに乾いた浴室。

気持ちがいいもんですよ。カビの発生も予防できますしね。

元100均の店長である私が実際にダイソーで購入した水切りワイパーをつかって感じたことや使用のポイントをご紹介します。

浴室のカビについて

カビの発生する仕組み

家の中で一番カビが発生しやすい場所は?と聞かれたら

「浴室」とこたえる方がほとんどかと思います。それくらいカビの発生しやすいイメージがあります。

一番の原因は水です

黒カビが発生するためには一定量の水分が必要とされます。

カビを防ぐためには

換気扇を回すだけでは水分を飛ばしきることは難しく、やはり直接水を取り除く必要があります。

なので、壁・浴槽・天井・浴室の床など水切りワイパーを使って水を切ってあげることが、カビの発生を防ぐために効果的と言えます。

 



100均ダイソーの水切りワイパーが優秀

必要最低限の水切り機能

こういった高級感あふれる機能性にすぐれた商品もありますが、

使用方法は100均の水切りワイパーも変わりません。

水を掻くということがしっかりできれば十分です。

こちら我が家の初代水切りワイパーです。

ダイソーで3年前に購入した水切りワイパー

初代といっても現役です。

3年使っています。

まだ使えているのですが、この写真を撮るために改めて見るとゴム部分がひび割れてきています。

dav
あさひなパパ
あさひなパパ
3年間使い倒してこれだけしか消耗していないとは・・・ダイソー商品恐るべし!さすがに買い替えてあげたい(笑)

ポイントは毎日欠かさずやること

毎日お風呂上りに水切りをすることがカビの発生を予防します。

  1. お風呂をでる
  2. 体を拭く
  3. 水切りワイパーで水を掻く

何事も習慣付けること。

続けるコツとしては、すぐ手の届く場所に水切りワイパーを準備しておくことです。

我が家では浴室のタオル掛けにS字フックで吊っています。

S字フックで吊っています

もはや見栄えもなにも気にしません。

人に見られる場所じゃないので。

利便性第一に考えたらここに落ち着きました。

あわせて買いたいおススメグッズ

吸水クロス

床や天井・壁などは水切りワイパーが活躍します。

その他細かい目地やパッキン、風呂のフタなどはこちらの吸水クロスが活躍します。

30㎝×20㎝が3枚入っています。

好きな大きさにカットして使えるので食器拭き用、洗面所用、浴室用など分けておいておくのがおススメです。

繰り返し洗濯して使用可能です。

 



まとめ

お風呂を一番最後に入る人の仕事です

毎日欠かさず水切りをすることでカビの発生を予防できます。

お風呂に入った後のすこしの手間ですが、水切りをやるのとやらないのでは浴室の乾き方が全然違います。

だいたいパパが仕事から帰ってきてお風呂にはいるのが一番最後になりませんか?

なので少しの手間をめんどくさがらずに、パパが水切りワイパーで水切り頑張ってみてください。

カビが発生してからの掃除はもっと面倒ですので。

あさひなパパ
あさひなパパ
マメおやじになるためには面倒だなと思う前に体を動かす!

ここまでご覧いただきありがとうございました。