商品レビュー

HUAWEI P20lite購入3か月経過レビュー電池消耗を計測

あさひなパパ
あさひなパパ
こんにちは、あさひなパパ(@asahinapapa0313)です。

HUAWEIP20liteの購入を検討中の方

HUAWEIP20liteの本体スペックは公式HPなどで数値の確認ができますが、

気になる電池持ちは実際に使ってみないとわかりませんよね?

 

日常遣いで一日持たない電池であれば買うのを躊躇してしまいます

 

 

今回、私は出勤から帰宅まで充電100%の状態からどこまで減るかを検証しています

この記事を読んで自分のライフスタイルと比べてみてください。

 

あさひなパパ
あさひなパパ
この記事はこんな人におススメ
P20liteの購入を検討されている方
すでにP20liteを購入したが電池消耗が気になる方
コスパの高いスマホをお探しの方

 

 

実際に行っている節電方法もご紹介してますので購入後は参考にしてみてください。

それではP20liteが一日でどれだけ電池を消耗するのか見ていきましょう

HUAWEI P20liteは一日で何%電池消耗するのか?

P20liteのバッテリー容量

バッテリー容量は3,000mAhです

 

ちなみにiPhone XSのバッテリー容量は2658mAhです。

天下の最新iPhone様より多少容量は大きいようです。

 

実際の使用状況について

 

スタートはもちろん充電100%

 

 

  • 現在時刻 8:57
  • 電池残量 100%
  • 通常モード 残り約12時間52分
  • 省電力モード 残り約20時間27分

 

ちなみにWiFiになっているのは自宅の中だったためです。

これから出勤なので、WiFiは切ります。

モバイルデータ通信のみで1日を過ごします。

 

移動時間はTwitter

 

ほとんどスマホをいじっていませんが、12時の段階で91%になっています

 

 

  • 現在時刻 12:05
  • 電池残量 91%
  • 通常モード 残り約11時間57分
  • 省電力モード 残り約21時間58分

ん?

 

省電力モードの残り時間が増えている。

どうゆうことなんでしょう

WiFi環境じゃなくなった為でしょうか

となるとWiFiの方が電池を消耗するということ?

これもまた検証が必要ですね

 

 

これから電車移動となります。

ほぼTwitterを見ていました

電池残量は70%です

 

 

  • 現在時刻 14:15
  • 電池残量 70%
  • 通常モード 残り約9時間5分
  • 省電力モード 残り約16時間9分

 

通常モードで約3時間減ったのに対し、

省電力モードは約6時間減ったことになります。

 

2倍程度差がありますね

 

日中の操作はLINE

 

14:00~19:00はほとんど使用していません

使用したことと言えば

LINEをチェック
Twitterをチェック

それなのに28%減結構電池を消耗しています

 

 

 

  • 現在時刻 19:09
  • 電池残量 42%
  • 通常モード 残り約5時間51分
  • 省電力モード 残り約10時間37分

 

考えられる原因としては職場の電波状況が悪いということ

 

よく仕事で使うガラケーでの通話も途切れるような電波状況の悪さですので

電波を拾うことに対して電池を消耗している恐れがあります。

 

帰宅の電車内もTwitter

 

19:00に退社し、およそ2時間電車にのって帰宅します。

その間ずっとTwitterを見ています。

 

あさひなパパ
あさひなパパ
この時間をもっと有意義に使えればいいんですけど・・・Twitterが楽しくてしょうがないんです

 

 

自宅へ到着したのが21:04

 

 

  • 現在時刻 21:04
  • 電池残量 15%
  • 通常モード 残り約1時間26分
  • 省電力モード 残り約2時間19分

 

27%減とけっこう電池消耗しました

 

私の生活の中では比較的電車移動が多い日でしたので、スマホを操作する時間が長かったです。

ただ、動画は見ていませんしゲームもしていません。

 

比較的通信料も少ないであろうTwitterの閲覧に集中していました。

 

YouTubeなどの動画を見る様な使い方をすれば電池は1日持たない



HUAWEI P20lite節電の為に意識していること

画面の明るさを一定にする

画面の明るさを自動に変更する設定をしていた時はもっと電池の消耗が激しかったです。

なので、ちょっと暗めに設定してキープしています

 

位置情報は常にOFF

位置情報は基本的にOFFです。

なぜならGPSを使って地図を表示することがないからです。

 

無駄に電波を使わないようにしています

 

使うとしたらカーナビとして使用する時くらいです。

あると安心モバイルバッテリー

今回の検証でもお分かりいただけたと思いますが

日中5時間程度TwitterなどのSNSを使用する方であればギリギリ電池は持ちます。

動画を視聴したり、ゲームをしたりする方であればきっと途中で0%となります。

 

 

出先で充電ができない環境ではモバイルバッテリーが非常に役に立ちます

私は仕事の際は常に持ち歩いています

 

会社支給の携帯電話も年式が古く、電池持ちが悪いということもありますし

やはりスマホは総じて画面が大きいので電池を消耗しやすいです

 

かといって電車での通勤時間にスマホが使えないと時間をつぶせないのでモバイルバッテリーはかかせません

 

私が愛用しているモバイルバッテリーはこちら

cheero Power Plus 3 10050mAh

 

小さくて大容量が決め手で購入しています

これがあればP20liteを3回フル充電可能です

 

10050mAhと大容量バッテリー
USBポートが2つ付いている
急速充電に対応

 

 

モバイルバッテリーはもはや欠かせない存在です

HUAWEI P20liteをお得に購入しよう

あくまで私の体感ですが、HUAWEIP20lite電池消耗が早い気がします。

なのでモバイルバッテリーは欠かせません

 

 

ただ、それを差し引いても購入するに十分すぎる価値があります

P20liteはミドルスペックの低価格スマホの最高峰とも言えます。

 

 

 

ただでさえ3万円台という価格で購入できるP20liteをさらにお得に購入できるのは

楽天市場などのネットショップでポイントを有効活用すること。

 

 

通常購入ではなくセール日を狙えば、ポイントもざくざく貯まります

 

 ①  まずは楽天カードをつくりましょう

入会+利用で楽天ポイント5000ポイント付与されます

実質5000円引きということになりますよね

 

楽天カードの入会はここをクリック

 

楽天カードがおススメな理由はコチラから>>

 

 

 ②  楽天スーパーポイントを上手に貯めるには?

さらにポイント倍率をあげることでお得にお買い物ができます

 

楽天スーパーポイントで常時10倍以上でお買い物する方法はコチラから>>

 

 

ポイントを効率的に貯めることで実質購入金額を安くすることができますのでぜひ活用してみてください。

 

まとめ

高コスパのスマホと言えばP20lite

それくらい人気の機種です。電池消耗は体感少し早いですが、それを差し引いても十分すぎるスペックを備えた良い機種

 

間違いなく買って損のないコスパの高い機種

P20liteを購入から3か月経過しましたが非常に満足しています

今回は電池消耗に絞った記事となりましたが、カメラ性能についても今後触れていきます

ここまでご覧いただきありがとうございました