ダイエット

【30歳のダイエット】本気で糖質制限ダイエットに挑戦

こんにちは、あさひなパパ(@asahinapapa0313)です。

ブログ初投稿です。これからちまちま記事を書いていきますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

私は現在30歳です。日常で運動する機会がなかなかなくて、脂肪を体へ蓄える毎日でした。

これではいかん!と思い、昨年5月より糖質制限ダイエットにチャレンジしておりました。一時期調子よく7キロくらい落ちたのですが、食欲が暴走しまして普通の生活に戻ってしまいました。

この度、再チャレンジしようと決心しました。

現在60㎏ 目標はマイナス5㎏で55㎏!! 無理なく続けられるよう緩めに実施していきます。

極力運動はせずにいきたいものです。(笑)

糖質制限とは

ズバリ、糖質の摂取を控える・抑えるダイエット方法。

あさひなパパ
あさひなパパ
そのまんまじゃんw

要するに炭水化物をたべなければいいんでしょ?と思っています。

炭水化物にも糖質と食物繊維の2種類あって、食物繊維はいくら食べても良いとのことです。

食べてはいけないものは、穀物・米・パン類・麺類・もち・とうもろこし・せんべい等々

お菓子類もNG・飲み物にも意外と多く含まれている糖質。

ジュースやコーラもNG、お茶やブラックコーヒーはOKです、ブラックコーヒーがOKというのは非常にありがたいですよね。

仕事で疲れたときはブラックコーヒーでリフレッシュが習慣です。

さて、制限といってもどれほどの量を摂取していいのか?という話になります。

一般的に成人男性の1日の糖質摂取量は330gだそうです。成人女性は270gです。

これを1日130g以下にするのです!

キッツーー💦

もっと突き詰めると体重が60㎏の人の場合、一日の糖質量を60g以下に抑えるというガチ勢もいるほどです。



メリット・デメリット

メリット

食べる量を気にしなくてよい。というのが一番かなと思ってます。また、肉や魚などはとくに制限なく食べれます。ただ、揚げ物の衣は注意が必要です。

また、食事のあとに眠くならない。というのが体感できました。目が冴える様な感じです。

デメリット

とにかく主食が食べれないです。これがほんとつらいところです。ラーメンやカレーライスなど、家族で外食の際にも一人だけさみしい思いをします。ラーメン屋さんなんて一緒に行く機会がなくなりますしね。

あとは、ビールですね。

夏場はこれが最強にデメリットです。ビールに含まれる糖質は100ml中約3.0g(アサヒスーパードライの場合)程だそうです。

ただ、世の中にはちゃんと糖質オフになったビールがあるのです。なかでも私が常飲しているのが、こちらです。

 

 

いや、ビールではないです。発泡酒です。

でも、すっごくおいしいんです。満足できる味なんです。

いろいろな糖質オフ製品を試してきましたが現在はアサヒ スタイルフリーに落ち着いてます。

あとは焼酎ですね。焼酎は糖質が含まれていないのでOKです。蒸留酒はなんでも大丈夫みたいです。



食べ物ごとの糖質

白米お茶碗1杯(150g)で55.2g
食パン1枚(60g)で26.6g
うどん250gで58.5g
そば170gで47.3g

ごはん一膳食べると結構な糖質量です。

どうしてもご飯が食べたい場合は量を減らさないと効果は期待できませんね。

うどんが量の割には案外糖質少な目?

なんにせよ主食は摂らずにいきます。



おすすめの食品

一日60gの糖質摂取を目指す場合は、ごはん1膳たべたら終了です。

食パンもろくに食べれません。そんなつらい糖質制限中の救世主がこちら!

 

見てください!1個あたりの糖質量2.3gですよ?すごく低いです。

実際に私はこればっかり食べてました。

朝ごはん・・・ヨーグルト1個

昼ごはん・・・ブランパン2個

夜ご飯・・・奥様の手料理(白米抜き)

こんな感じでほんとに痩せました。運動はゼロです。ちなみに仕事中はヘロヘロです。夜ご飯が待ち遠しくてしょうがなくなります。

なので、現在の食事をどこか1食でもブランパンに変えてみるなど、少しずつ始めてみるのも良いかもしれませんね

まとめ

無理なく続けることが一番

ストレスも大敵。たまにはご飯をたべても良いんです。おかわりや大盛りをやめれば大丈夫。

Twitterで食事を記録していきたいと思いますのでフォローもあわせて宜しくお願いいたします。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

関連記事