ブログ関連

【グーグルアドセンス承認‼】13記事での申請で奇跡的に承認‼

こんにちは、あさひなパパ(@asahinapapa0313)です。

前回の記事でグーグルアドセンスの申請を行いました。

記事は9月25日に投稿しているのですが、申請自体は9月24日の24時前です。

上の画像が私のメールアドレスに届いたメールの一部です。

 

【ブログ開設16日目】Googleアドセンスの申請にチャレンジ!こんにちは、あさひなパパ(@asahinapapa0313)です。 ブログを開設したらやりたかったことの一つ。 【グーグルア...
グーグルアドセンスの申請方法自体は間違っていなかったようです。

この【次のコードをコピーして、サイトの<head>タグと</head>タグの間に貼り付けてください】が合っているのか自分じゃ分からない不安。

その後【有効化】して完了。あとは待つだけ状態でした。

グーグルアドセンスの申請でよく聞く話

ブログ内の記事数

グーグルアドセンスの申請において、重要なのが記事の数という話をよく聞きます。

私も申請するにあたりどれくらいの記事数で申請しようかネットの情報をもとにいろいろ探して調べてました。

10~15記事あればOKという方や、20記事~30記事という方もおります。さすがにいろいろな情報が出回っているインターネット。

なかでも30記事程度という話しが多いように感じました。なので私も申請するにあたって、30記事は少なくとも必要だろうと思い30記事を目標に書いておりました

1記事あたりの文章量

記事数のほかに、1記事あたりの文字量も注意すべきであるとのことでした。

これも諸説あり1000文字以上や1500~2000文字どバラバラです。

文字量については割とハードルは低いと感じておりました。なぜならうまく話をまとめきれずダラダラと文章を書くのは、良い意味なのか悪い意味なのかは別として得意でしたので。

各ページの作成

あとは作っておくべきページです。

  1. 運営者の情報
  2. プライバシーポリシー
  3. お問い合わせ先(メールアドレス)

一般的にこんなとこでしょうか。

なによりも、読者に対して有益な情報をあたえているかどうかが重要だそうで。それはなかなか難しいですよね。初心者にとっては記事を書くだけで精いっぱいなので、そりゃもちろん有益な情報発信を心がけてはいますが、ノウハウがついてこない(;^ω^)



グーグルアドセンスの申請タイミング

【あさひなパパの場合】ブログ内の記事数

実際に私が申請したのは13記事目を投稿した後です。

ジャンルとしては4つに絞って記事を書いております。

自分で無理なくかけるであろうジャンルを設定して、なんとなくカテゴリー分けしながら書いてます。ひとまとめにすれば【日常】で終わってしまいそうな薄い内容ですが(;´Д`)

一応【ダイエット】【子育て】【お小遣い】【レビュー】の4つに分けてます。

記事数13記事で申請に至った訳はすごく単純です。

待てなかったから!!!

(笑)

そうです。我慢できなかったんです。

興味本位で申請してみてダメならダメで30記事を目指して頑張ろうと思っていました。

【あさひなパパの場合】1記事あたりの文章量

1記事あたりの量は意識せずに1500文字程度をキープしてました。

今回の記事を最初からご覧いただいているのであれば、今がだいたい1400文字くらいです。参考までに。

【あさひなパパの場合】各ページの作成

これもワードプレスのテーマ【JIN】であれば、最初から用意していただいているものをそのまま使えばなんなくクリアです。

  • 免責事項
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ

ほんと便利!

初心者こそおススメです!!



グーグルアドセンスの承認

承認通知画面を公開

今日の朝の出来事です。

グーグルアドセンスよりメールが来ておりました。

時間に注目!

およそ24時間で承認を受けております。

すごくうれしかったです。

これでこのブログが一回り成長した気がします。

広告設置までの流れ

あとはグーグルアドセンスのサイトより、広告のコードを生成して記事のどの部分に広告をいれるか指定するだけでした。

って簡単に書きましたが、この段階でも結構苦戦しました。通常の記事に埋め込む広告であればサイズや広告の形態を選べばすぐにコードが生成されたのですが、広告の形をデザインしなければならなかったインフィード広告なるもので時間を取られました。

インフィード広告については、改めて記事にしますね。



まとめ

無事に広告を設置

悪戦苦闘末、広告設置が完了。すこしはブログらしくなったでしょうか?次なる目標は100記事投稿です!

ここまでご覧いただきありがとうございました。