ダイエット

【糖質制限ダイエット】30歳男性の場合。50日経過報告4.3㎏減

こんにちは、あさひなパパ(@asahinapapa0313)です。

糖質制限ダイエットを始めて本日で50日目です。

区切りが良いので50日間の振り返りと効果のあった事柄についてまとめていきます。

  1. 自分の体重を意識する
  2. 1食置き換えることでカロリー・糖質共にOFF
  3. ストレスをためない・お酒好きなら構わず飲む!

この3項目について説明していきます。

同じ年代の男性に向けてダイエットの励み・始めるきっかけになれば幸いです。

毎日体重計に乗って経過報告を心がける。

まずは自分の体重を測りましょう。そこからです。

そして目標を決めましょう。

私はスタート時61.2㎏でした。目標は55㎏です。マイナス6.2㎏のダイエットを目指しています。

自分が今何㎏なのか知らず知らずに体重が増えていることはよくあります。まずはしっかり今の自分を受け入れましょう。そしてまずは3㎏、つぎに5㎏など徐々に目標を上げていきましょう。

そうすることで達成感はやる気・モチベーションにつながります。

今現在の私の体重はというと

56.9kgです。マイナス4.3㎏ダイエットに成功しています。

この体重を計ったタイミングはまさにウイルス性胃腸炎にかかり絶賛断食中だったため急激に体重が落ちてしまっています。

ただ単純に体重がこんなにも落ちたことが嬉しくてついブログを更新してしまいました。

本来であれば57.3㎏くらいが妥当な体重です。

また、残念ながら毎日体重計に乗ることはできていません。

出張が続くと体重計がそもそもないことが多いので、毎日測ることはできていませんが、測った場合はインスタにポストしています。

これは結構いいですよ。どこかで見てくれている誰かに対しての意思表示と言いますか、報告ですね。(笑)

日記代わりにもなりますし。

体重は測るだけじゃなく、記録すると効果的

こんなおじさんの体重観測なんて誰がみるんだよ!って思いますよね?

安心してください。だれも見てませんから!

だれも見てないからこそできるんです。自己満足で!自分なりの意思表示ですよ。

ちなみに、#ダイエット記録 #ダイエット仲間とつながりたい などハッシュタグを付けるとダイエット仲間の輪が広がります。

毎日体重計に乗ると、「あ、今日は減っているな」「昨日食べ過ぎたからこのくらいかな?」等感覚的に自身の体重が分かるようになります。

そうなると、「今日は階段を使おう」や「ちょっと体が重いから一駅歩いてみよう」など行動に移せるようになります。



昼ご飯はこんにゃくラーメンに置き換えてダイエット

次に重要なことは、食事です。

今まで通りの食事をしていたのでは、なにも変わりません。

現状を変えたいのであればまずは一食置き換えてみましょう。

私の食事はたいていこのようなメニューです。

  • 朝ごはん・・・ヨーグルト きなこ1スプーン入り/ブラックコーヒー
  • 昼ごはん・・・お弁当(こんにゃく焼きそば・鶏むね肉のバンバンジー風・サラダ)/お茶
  • 夜ごはん・・・特に制限なく奥さんの手料理(白米抜き)

簡単なところからいくと、「夜ご飯の米を抜く」です。結構効果ありますよ。

おかずだけをゆっくり食べれば案外お腹は膨れるものです。男の人に良くありがちなのは食べるスピードが早いので満腹感を得られにくいことです。

よく噛んで、ゆっくり食べるそれだけでも十分違います。

そして一食置き換えるべきポイントはお昼ごはんです。

コンビニでお弁当や菓子パンなんてやめましょう。お弁当を持っていきましょう。

サンドイッチであれば、こちらのパンが糖質が低くておすすめです。

お金もカロリーも節約していきましょう。

冷凍しておけば日持ちしますし、ゆで卵やハムを挟めば立派なお昼ごはんとなります。

最近私がハマっているのはこちらのこんにゃく焼きそば。

1食41kcalです。こんにゃくくささは一切なく、作るのも簡単です。

麺だけではさすがに味気ないので野菜をいれて作りお弁当の1段目にいれます。2段目はゆで卵やピクルス、鶏むね肉のバンバンジー風を入れます。

しっかりお腹いっぱいになれます。

参考までに鶏むね肉のバンバンジー風の作り方はこちら

【糖質制限ダイエット】お酒に合う‼鶏むね肉のバンバンジーのレシピこんにちは、あさひなパパ(@asahinapapa0313)です。 本日の糖質制限ダイエット記録です。 9月9日より開始しま...

やはり食事制限とまではいかないにせよ、普段よりも意識的にカロリーと糖質を減らすことが重要です。

食生活を見直さないと何も改善しない。

 

体感ですが、糖質制限ダイエットに慣れていない体であればぐんぐん体重が落ちていきます。 最初のころはそれが楽しくて続くモチベーションになりました。



ストレスを溜めない。適量ならお酒も飲んでよし!

ストレスは敵です。ふとしたはずみでリミッターが外れ、暴飲暴食をしては全て水の泡です。

そうならないためにも急激な制限ではなく、徐々に体を慣らしていきましょう。

毎晩の楽しみの晩酌をいきなりやめることも難しいはずです。

私はやめていません。

カロリーが消費されやすいと言われている焼酎を飲んでいるのと、おつまみもなるべく低糖質・低カロリーを意識しているからです。

どうしてもビールが飲みたいときは糖質OFF系を飲むようにしています。

なかでもアサヒスタイルフリーは発泡酒ですがしっかりとした後味でおいしく飲めます。

飲まない!ではなく、飲み方を変える!



まとめ

無理なく続けることが成功のカギ

もはや生活に溶け込んできている糖質制限。日々の晩酌も欠かさないで体重が落ちているのだからどこまででも続く気がする。

ここまでご覧いただきありがとうございました。